真菌の細胞膜はエルゴステロールで主に構成されており、これを破壊すれば細胞膜に穴が開き、真菌が死滅します。この細胞膜を破壊する為に抗真菌薬があります。抗真菌薬にもタイプがあり、そのタイプにより作用も異なってきます。

抗真菌薬の作用メカニズムの2015年12月記事一覧

  • 最新の抗真菌薬事情

    抗真菌薬という薬は広く見れば「抗菌薬」と呼ばれる薬に分類されます。 もっとも抗真菌薬と呼ばれる場合には真菌に対して効果を及ぼすということですから通常の抗菌薬とは別のものとして考えなくてはならないのですが、歴史として見れば…続きを読む