真菌の細胞膜はエルゴステロールで主に構成されており、これを破壊すれば細胞膜に穴が開き、真菌が死滅します。この細胞膜を破壊する為に抗真菌薬があります。抗真菌薬にもタイプがあり、そのタイプにより作用も異なってきます。

抗真菌薬やリポバスは医師に相談して使用することが大事

水虫やカンジダなどを治療する時によく使われるのが、抗真菌薬です。
抗真菌薬には、内服薬、外用薬などがあります。
外用の抗真菌剤は、カビの細胞膜の合成を阻害することで効果を発揮します。
抗真菌薬は、使用してから2週間から3週間ほどすると症状が改善するケースが多いです。
しかし、角質層の深い部分にある菌が完全に死滅したとは限りません。
そのため、完治させるためには、治ったと思ってもしばらく治療薬を使うように指示されることもあります。
水虫などの治療で足に抗真菌薬を使う場合は、患部を乾燥させてから使った方がいいです。
また、通気性の良い靴を履き、入浴した時によく足を洗って清潔にする必要があります。
入浴後は、しっかりと水分を拭き取り、足を十分乾燥させ、汗が止まった状態で外用薬を使うことが大切です。
水虫は、温泉やスポーツクラブのバスマットなどで感染することも多いので、共用のマットを使う時は気を付けるようにします。
また、バスマットを別々にすることで、家族への感染を防ぐことができます。
最近は、心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患で悩む人も増えています。
虚血性心疾患は、血液中に含まれるコレステロールと深い関係があります。
血管に関係した病気を予防するためには、血液中のコレステロールをコントロールする必要があります。
血液中のコレステロール値を抑える治療薬に、リポバスがあります。
肝臓でのコレステロールの合成を抑えることで、血液中のコレステロールも抑えることができるのです。
リポバスは、プロドラッグと呼ばれています。
プロドラッグは、体の中に入った後に薬として働くようになる物質のことです。
肝臓などでの代謝により構造が変化して、薬としての効果が出てくるのです。
リポバスを使う時は、医師の指示に従うようにします。
早く病気を治すためには、医師の指示を守って治療薬を使うことが、とても大事なのです。