抗真菌薬の作用メカニズム

真菌の細胞膜はエルゴステロールで主に構成されており、これを破壊すれば細胞膜に穴が開き、真菌が死滅します。この細胞膜を破壊する為に抗真菌薬があります。抗真菌薬にもタイプがあり、そのタイプにより作用も異なってきます。

抗真菌薬のタイプ

 抗真菌薬はカビである真菌を殺菌する作用のある薬です。抗真菌薬には薬のタイプによって真菌を殺菌する作用が異なり、さらに副作用も異なってきます。
 ポリエン系抗生物質は真菌の細胞膜の主成分であるエルゴステロールに結合して細胞膜を破壊する事によって殺菌します。しかし、このタイプの薬は人の細胞膜にも作用するため副作用が強いのが特徴となります。副作用としては発熱、悪寒、急性尿細管壊死などがあります。
 プロロピリミジン系は真菌の細胞内で成分が変わり核酸合成を阻害する事によって効果を発揮します。このタイプの抗真菌薬は副作用が小さいのが特徴となります。副作用には骨髄機能抑制や胃腸障害などが挙げられます。
 イミダゾール系は水に溶けないためほとんどが外用薬として使用されている薬です。イミダゾール系は真菌の細胞膜の主成分であるエルゴステロールの合成過程を阻害する事によって殺菌作用を得ることができます。副作用は小さいですが肝障害や胃腸障害がよく知られています。
 トリアゾール系はイミダゾール系とあわせてアゾール系と呼ばれています。こちらもエルゴステロールの合成を阻害する事で抗真菌作用を発揮します。副作用はイミダゾール系と同じく肝障害や胃腸障害がよく知られています。
 キャンディン系は人の細胞にはない真菌細胞壁の主要成分を特異的に阻害するため副作用は少ないのが特徴です。
 抗真菌薬のタイプにはこのように多くの種類がありますが、形状にも種類があります。外用薬の場合クリームタイプ、液剤タイプ、スプレータイプの3種類です。クリームタイプはどんな症状でも使用する事が可能なので広く処方されています。液剤やタイプやスプレータイプは皮膚に浸透やすいため、肌が角質化してしまい硬くなった部位に使用される事が多くなっています。
↓水虫治療薬です
イトラコナゾール